Vollmacht(委任状)記入方法と面談対策

Vollmacht(委任状)の記入方法とドイツ語面談対策

ドイツでの婚姻手続きに必要なVollmacht(委任状)の記入方法と、ドイツ語で婚姻を行う際の面談対策についてお話します。婚姻の手続きについては違う記事で詳しく解説していますので、こちらをチェックしてください。

Vollmacht(委任状)の記入方法

こちらは一例です。実際のフォーマットは自治体により異なります。

ドイツ語での面談

面談が必要な人って?

ドイツでの婚姻手続きは、全てドイツ語で進められます。そこでドイツ語ができる人、できない人で面談の有無や、通訳者の手配をするかどうかなどが異なっていきます。

ドイツ語が理解できる方面談が必要です。本当にドイツ語が理解できるのか、簡単な面談が実施されます。
ドイツ語が全く理解できない方面談は必要ありません。その代わり、ドイツ語/日本語のDolmetscher(通訳者)の手配が必要です。手配料は本人負担です。

ちなみに筆者は5年程ドイツ語を学習していますが全くドイツ語ペラペラではないですし、ある程度基礎的なドイツ語ができるレベルでしたが、通訳者の手配代を節約するべく、通訳者なしで挑みましたが無事クリアすることができました。

面談っていつやるの?

面談はVollmacht(委任状)の内容確認の際に同時に行われます。委任状の内容を確認がてらドイツ語で質問されて、それに答えていくという感じです。ドイツ語が全くダメな方はここに通訳者を同行させる必要があります。

面談対策単語リスト

Vollmachtの内容を確認するため、内容はVollmachtの中から質問されます。基本的な単語を押さえておきましょう。法的な手続きなので、法律関係の言葉が複数登場します。私はパートナーに質問してもらいながら、模擬面談を何度も実施し練習しました。

・Vollmacht…委任状

・Standesamt…戸籍課

・Verlobte/r…婚約者

・Anmelden…申請

・Anschrift …住所/居住地

・Geschäftsfähig…行為能力者(行為能力の制限を受けていない者、自分で同意できる能力がある者)

・Volljährig/keit…成年/成人(ドイツでは18歳以上であるという意味)

・Familienstand (ledig, geschieden, etc.)…配偶関係(独身、離婚など)

・Ehe / Hochzeit / Eheschließung…結婚/結婚式/婚姻の締結

・Vorehe/n…前の結婚

・Lebenspartnerschaft…共同生活者制度(パートナー制度)

・Religionszugehörigkeit (evangelisch etc.)…宗教

・Verwandt sein / Verwandtschaft…血縁関係である/親戚

・Adoption / adoptiert sein…養子/養子である

・Geburtsname/Familienname …出生時の名前/名字

・Ehename…夫婦の名前

・Lebensweg (gemeinsamer Lebensweg)…人生の方向性

・freier Wille…自由意志/任意/自分の意思で

・Willenserklärung…意思表示

実際に聞かれた質問

覚えてる範囲で実際に聞かれた質問を書きます(記憶あいまいです、緊張していたので…


まとめ

傾向と対策が命です!通訳者代もバカになりませんので予習して挑戦してみてください!実際の面談は和気あいあいとしていて、そんなに緊張する雰囲気ではありませんでしたよ。

「Vollmacht(委任状)記入方法と面談対策」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。